採用情報トップ > 社員紹介

Staff Files 05:西本 圭一 アセンブリ開発/白石 大変なことも、前向きな気持ちで乗り越えていく。

劣化を突き止める、プロフェッショナル。

私は入社以来、設計や開発業務における組立・測定などの仕事に取り組んできました。入社12年目の現在はそれらの経験を活かし、超高信頼性デバイスの組立・測定設計をする部署で、半導体内の劣化トラブルを見抜きその原因を突き止める仕事をしています。読んで字のごとく「超高信頼性」が求められる半導体を扱っているうえに、劣化を起こす原因もさまざまなので、特に神経を使う仕事です。しかし、私たちがつくる半導体は3~4年の開発期間を経て、はじめて世の中に出るものばかり。確かに大変な仕事ではありますが、誰も知らない未来を築いているという誇りを持ちながら、世界最高品質の製品を開発するために日々取り組んでいます。

苦手な英語も、前向きに少しずつ身に付けていきたい。

韓国や台湾、アメリカなど、海外の方と一緒に仕事をする機会もあります。もちろん送られてくる資料も打合せもすべて英語ですが、書かれていることは半導体のことなので、頭に入れやすいです。会社も英語の口座を開くなどして応援してくれているので、上達するチャンスだと思って前向きに勉強に取り組んでいます。また、海外の人とのコミュニケーションでは、日本以上にしっかりとした意思疎通を心がけなければならないため、自然と関係性が密になります。私もプロジェクトで一緒になった韓国の同僚と、自然と仲良くなることができました。彼が日本に遊びにきたときには、一緒に食事にでかけたこともあります。そのような経験ができるのも、当社の魅力ですね。